運より運用! 「トラップリピートイフダンR」(特許取得済み)

手間いらず、読みいらず、取り逃がさず。そんな新発想の注文方法、見つけました!

特許取得済みの『トラップリピートイフダン®』

複数の指値注文をたった1回の設定で出し、「いたるところに罠を仕掛けて待つ」画期的な取引手法が『トラップリピートイフダン®』(通称トラリピ)です。

トラリピは、マネースクウェア・ジャパンだけのオリジナル注文機能で、特許取得済となっています。

イフダン注文とは指値注文と決済注文を同時にする注文方法で、イフダン注文を繰り返ししてくれるのがリピートイフダンですが、 複数のリピートイフダンを一括で注文するのがトラップリピートイフダン®です。

一定間隔(値幅)で一定の注文が複数出て、さらにリピート機能が付きます。

一定の間隔で複数の注文を実行


試しに管理人も実践してみたのですが、100万円の資金をわずか1週間で120万6,951円(+206,951円)へ増やすことができました。(実際の取引報告書はこちら

詳細は、口座開設後に無料で入手できる当サイト限定ガイドブック『マナブ式トラリピの極意』で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

100万円の資金をわずか1週間で120万6,951円(+206,951円)に増えた


トラップリピートイフダンの取引方法

以下の2手順だけで設定完了です。

マネースクウェア・ジャパンの口座開設後、発行されるユーザーネームとパスワードを入れ、ログインします。

ログイン画面

②トレード画面が出てくるので、売買したい通貨の買い注文または売り注文を直接クリックすると、取引画面が出てきます。

注文の種類から「トラップリピートイフダン®」を選択、「注文金額」と、「トラップ本数」、「トラップ値幅」、「利益金額指定」を入力し、「次へ」をクリックします。必要に応じてストップロス価格も設定できます。

取引画面

一定の間隔で複数の注文を実行


③注文をキャンセルするまでリピートが継続、リピートランキングがマネースクウェア・ジャパンのホームページで毎週公開されています。

通貨ペアの中ではドル円が安定しているほか、高金利でボラティリティの高い豪ドルや南アフリカランドも狙い目です。

これらの通貨だと、スワップポイントをもらいつつリピート差益を得ることができるうえ、相場によっては数百回もリピートすることがあります。

マネースクウェア・ジャパンのホームページには、「トラリピ広場」、「トラリピ虎の巻」、「トラリピ投票」、さらには毎週発表される「通貨ペアリピートランキング」などたくさんの情報があるので、取引の際に役立つこと間違いなしです。

マネースクウェア・ジャパンのホームページには、トラリピの情報が盛りだくさん!

トラリピ/らくトラ注文で簡単トラリピ!

いまいちトラリピが理解できない…

そんな場合は「トラリピ/らくトラ注文」が便利です。単純に解説に従って進んでいくだけでが簡単に発注できます。

①ログイン後、画面左にある「トラリピ/らくトラ注文」ボタンをクリックします。


②解説画面が立ち上がります。


③あとは、トラリピ君の質問に次々と答えていくだけで、トラリピが簡単に設定できます。
今回は、しっかりと損切りの設定も行っています。


おもなレポート一覧
【Daily】

・山岡和弘のDaily戦略レポート
・マーフィーレポート
・吉田レポート (注目!)
・デイリーレポート
・オセアニアレポート

【メールマガジン】
・FXセミナーメール
【Weekly】

・金森薫の為替オートフォーカス
・FX一刀両断
・シカゴIMM市場最前線
 「ブルームフィールドの週間相場予測」
・ウィークリーレポート (注目!)
・吉田ウィークリーレポート
・橘田先生のひとり言 (注目!)
・MJ2リピートレポート
【Monthly】

・橘田レポート (注目!)

【その他】
・トラリピって何?
・トラリピ広場 (注目!)
・トラリピ虎の巻 (注目!)
・トラリピ投票
・外為入門塾

★無料メールマガジン 読者1万人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想


【オールインワン&スプレッド極狭!】
FXやバイナリ、株など全て取引可能!


【一致率98%!?】★ぱっと見テクニカル
ぱっと見テクニカル参考法はこちら
口座開設後、翌月末までの取引で3,000円キャッシュバック!

みんなのFX
【注目!】みんなのバイナリ―
バイナリ―オプション取引について


【大人気!】100円からできるFX
BuySellポイント活用法はこちら


【最大100万円分!】
ドル円スプ実質0円キャンペーン実施中



本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
他にこんな記事も読まれています

PAGE TOP↑