たったの2クリックで始まる24時間自動売買!

たったの2クリックで設定完了!あとはほったらかしの超簡単システムトレード!

「セントラルミラートレーダー」で簡単自動売買

セントラル短資FXの自動売買ツール「セントラルミラートレーダー」は、マウスで2回クリックするだけで自動売買が始まり、パソコンの電源を切っていても売買が自動的に継続されます

通常の自動売買はパソコンの電源を切ると売買が停止してしまうものが多く、またプログラミング技術などが必要なので初心者には敷居が高いのですが、セントラル短資FXの自動売買ツール「セントラルミラートレーダー」を使えば高度な技術などは必要なく、たった2クリックするだけで設定が完了するので初心者でも簡単にできます。


使い方は非常に簡単で、「セントラルミラートレーダー」に搭載されている多くの自動売買システム(ストラテジ)の中から、気に入ったシステムを選ぶだけ。 あとはシステムが24時間自動で取引を行うので、「セントラルミラートレーダー」の画面を閉じてPCの電源を切っても大丈夫です!

そのほか、「セントラルミラートレーダー」で提供しているストラテジーは、世界中の開発者から募集しトレーデンシー社に実績を評価されたストラテジーが採用されています。つまり、世界のプロシステムプロバイダーが作ったストラテジーに手軽に投資することができるのです。


また、T-Scoreという、取引システムのパフォーマンスを0(最低点)~10(最高点)のレンジでスコアリングして評価してくれるFX業界初のシステム格付けシステムを採用していて、システムトレード初心者でも簡単にパフォーマンスのよいシステムを選ぶことができるのも大きな特徴です。

初めて自動売買システムを利用してみるときは、T-Score7~9以上の売買システムを選ぶと勝ちやすいです。

【期間限定】現金最大30,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!


【T-Scoreとは】
取引システムのパフォーマンスを0(最低点)~10(最高点)のレンジでスコアリングしたもので、ポジションがクローズされるたびに更新されます。レーティング算出に際しては、損益に加えて、市場環境の変化への適応度やパフォーマンスの安定性なども考慮されています。1,000以上あるシステムの中から安定度を重視した売買システム探しに役立つ指標です。

セントラルミラートレーダー 売買システムランキング


セントラルミラートレーダー 取引方法

セントラルミラートレーダーでは、検索→追加という2手順だけで、自動売買がスタートします!


セントラル短資FXの、トップページ左上にある「マイページログイン」からログインします。

セントラル短資FXへログイン


②マイページが表示されるので、画面右下にあるセントラルミラートレーダーの「ログインする」をクリックします。

セントラルミラートレーダーの「ログインする」をクリック


③別ウィンドウでセントラルミラートレーダーの取引画面が表示されます。


④画面左上の「ストラテジ検索」タブをクリックすると、ストラテジを検索できる画面が表示されるので、利用したいストラテジを検索して探します。

ストラテジの検索の仕方には、 次の4種類があります。

1.トップセレクト…フォロワー数の多い順でストラテジを表示
2.トップ T-ScoreT-Scoreが高い順でストラテジを表示
3.トップトレード…取引回数が多い順でストラテジを表示
4.トップライブバランス…フォロワーの投資額が多い順でストラテジを表示

おすすめの検索方法は「トップ T-Score」で、T-Scoreの高いストラテジは成績が安定しているので、ポートフォリオに組み込みやすいです。その他にも詳細検索やウォッチリストに登録したストラテジを表示することもできます。


⑤検索結果には、各FX自動売買システムの成績と損益グラフが表示されます。

各FX自動売買システムの成績一覧には、損益Pipsだけでなく、セントラルミラートレーダー特有の「T-Score」も表示されます。

T-Scoreというのは、取引システムのパフォーマンスを0(最低点)~10(最高点)のレンジでスコアリングしたもので、売買損益に加えて市場環境の変化への適応度やパフォーマンスの安定性なども考慮されています。特に中・長期型の売買システムを選ぶときに役立つ指標です。

T-Scoreや損益pips数で並べ替えをしたり、損益グラフを表示したりして売買システムを決めます。
使ってみたい自動売買システムが見つかったら、それぞれの売買システムの一番右にある「追加」ボタンをクリックします。



ちなみに、各システム名をクリックすると詳細情報が表示されるので、選ぶときの参考にしてみましょう。

累積損益や勝率、現在の建玉、ストラテジの取引履歴や売買タイミングの説明などを見ることができます。色々なシステムの説明を見るだけでも取引のヒントになりますし、自分で裁量トレードをするときにも参考にすることもできます。

累積損益チャート

直近の取引履歴


⑥使ってみたいストラテジが見つかったら、表示されているストラテジの一番右側にある「追加」ボタンをクリックします。すると、「ストラテジーを追加する」ポップアップウィンドウが開きます。

取引額を入力後、「追加」ボタンをクリックすると、FX自動売買が開始されます。その後は、画面を閉じてパソコンの電源を切っても売買は継続されます。あとはほったらかしにしておいても自動売買が継続されるので、ほかに何もすることはありません。 なお、取引額は1,000通貨単位となっています。(10=1万通貨

⑦追加したストラテジは、画面右のポートフォリオに追加され、どのストラテジが稼働しているのかが分かります。

ポートフォリオの右上にあるポジション倍率メーターは、リスクの高さを表します。取引通貨量が多かったり含み損が増えていくと、メーターが右に振れます。ポジション倍率はレバレッジを表しています。写真の「1:19.57」というのは、レバレッジ19.57倍のことです。

また、FX自動売買を停止したい時には、一番右にある「×」をクリックすると停止します。

なお、FX自動売買の取引結果は、画面左の「ポジション」タブより確認でき、ここでは売買損益が数値とグラフで表示されます。決済も自動で行われるので、あとは特に何もしなくて大丈夫です

【T-Score】
取引システムのパフォーマンスを0(最低点)~10(最高点)のレンジでスコアリングしたもので、ポジションがクローズされるたびに更新されます。レーティング算出に際しては、損益に加えて、市場環境の変化への適応度やパフォーマンスの安定性なども考慮されています。数多くのFX自動売買システムの中から安定した成績を出しているストラテジを探す時に役立つ指標です。

【カスタムフィルタ】
カスタムフィルタでは、投資予定額、取引額、取引期間の3項目を入力すると、システム・レーティングに基づいてシステム一覧が表示されます。ここで、よりきめ細かいシステムの絞り込みができます。

【ウォッチリスト】
実際にポートフォリオに組み入れなくても「気になる」システムをウォッチリストに追加することにより、取引履歴を追跡できます。パフォーマンスを一定期間確認した後にポートフォリオに組み込むといった使い方ができます。

【ポジション倍率メーター/有効証拠金】
ポジション倍率メーターによりポートフォリオのリスクを視覚的に把握できるだけでなく、有効証拠金が画面上部に表示されているので、評価損益を含めた口座状況がリアルタイムで確認できます。

おすすめポートフォリオ

ストラテジは単独で運用しても良いのですが、複数組み合わせた方がお互い短所を補い長所が伸びるので、成績が安定します。ストラテジを複数組み合わせたものを「ポートフォリオ」と言い、組み合わせ次第で「低リスク安定型」や「高リスク高リターン型など、様々なバリエーションが楽しめます。

ポートフォリオには、例えば次のような組み合わせが有効です。

おすすめポートフォリオ


★無料メールマガジン 読者1万人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想


【オールインワン&スプレッド極狭!】
FXやバイナリ、株など全て取引可能!


【一致率98%!?】★ぱっと見テクニカル
ぱっと見テクニカル参考法はこちら
口座開設後、翌月末までの取引で3,000円キャッシュバック!

みんなのFX
【注目!】みんなのバイナリ―
バイナリ―オプション取引について


【大人気!】100円からできるFX
BuySellポイント活用法はこちら


【最大50万円分!】
ネットマイルギフトキャンペーン実施中



本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
他にこんな記事も読まれています

PAGE TOP↑