平均足(Heikin-ashi)


平均足とは

ローソク足と平均足

通常のチャートで使われている「ローソク足」は、単にその日の値動きを知る分には分かりやすくできています。

しかし、連続したローソク足を分析しようとすると、やや使い勝手の悪いことになります。

なぜなら、上昇トレンド中に出現した陰線や下降トレンド中に出現した陽線がトレンド転換のサインに見えたり、ローソク足とローソク足の間に窓が開いたりしてしまうからです。

そんな時は、平均足を使うと一目瞭然です。

平均足は、1本前の「始値」と「終値」の平均と、期間中の「始値」、「高値」、「安値」、「終値」の平均をもとに描画されるのですが、この「値を平均する」ことがローソク足に移動平均線のような特徴を持たせることにつながっており、ローソク足と比べ上昇している時の陽線や下落している時の陰線が出やすくなっています。

つまり、上昇トレンド中は陽線が連続し、下降トレンド中は陰線が連続する傾向があるので、一目見ただけでローソク足よりも簡単にトレンドの方向性が把握できるようになっているのです。

また、持ち合い相場では上下にヒゲが出るのが特徴で、相場にトレンドが出てくると実体部分が大きくなって片方に長めのヒゲが出ます。

そして、実体が非常に小さく上下にヒゲが長い平均足の場合は、反転の可能性を示唆します。

平均足の注意点

平均足の仕組み

平均足は視覚的に分かりやすいのですが、足の判断がローソク足と逆の部分があるため注意しましょう。

つまり、通常ローソク足は上昇トレンド中は下ヒゲが出て、下降トレンド中は上ヒゲが出るものですが、平均足では上昇トレンド中に上ヒゲが下降トレンド中には下ヒゲが出るのです。

平均足はその計算上、終値がローソク足の終値ではなく「高値、安値、始値、終値(現在値)」の平均であるため、実体が上ヒゲを埋めることがなく、その高値は「どれだけ勢いが強いか」を表す仕組みになっています。

そのため、上ヒゲが伸びた方が上昇の力が強く、上昇トレンドが継続していると判断します。

逆に、下降トレンド中の陰線で下ヒゲが伸びるということは、売り圧力が強いということになるため、下降トレンドが継続するということが分かります。

平均足の使い方に、色が変わったときの逆張りという方法もありますが、その後すぐに色が変わってしまうこともあるため、実際にはトレンドを確認した後の順張りで利用した方が良いでしょう。

【平均足のポイント】
①陽線は「買い」、陰線は「売り」
②陽線+上ヒゲは「強い買い」、陰線+下ヒゲは「強い売り」
③陽線+下ヒゲは 「買いが弱まる」、陰線+上ヒゲは 「売りが弱まる」
④前日の実体より短くなるにつれ、「トレンドが弱まる」
⑤非常に短い実体(実体短く上下ヒゲが長い)は、「反転の可能性」
⑥保ち合い期間中は、上下両方にヒゲが延びやすい。

平均足の計算方法

  始値 高値 安値 終値
前日 a b c d
当日
翌日 A´ B´ C´ D´

  1日目 2日目以降
始値 ①=(a+b+c+d)/4 (①+②)/2
高値 B´
安値 C´
終値 ②=(A+B+C+D)/4 (A´+B´+C´+D´)/4
★無料メールマガジン 読者15,000人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想


本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想
 

PAGE TOP↑