MT4の活用方法

MT4の活用方法

売買シグナルやオーバーレイチャートも

MT4は、公式サイトのほか各FX業者がカスタマイズして配布しており、それぞれ独自のMT4になっています

基本的な部分は同じなのですが、オリジナルインジケーターやEAが組み込まれていたり、為替以外のチャートを表示できるものもあります。

例えば、FXTFのMT4には、標準のCCI(商品チャンネル指数)に視覚的に売買シグナルが分かる機能が追加されていたり、1つのチャートウィンドウに2つ以上の通貨ペアのチャートを重ねて表示できるオーバーレイチャートを作成できたりします。(オリジナルツール一覧

特にインジケーターは、無料のものから有料のものまで大量に存在するため、初めてMT4を使う場合は迷ってしまうと思います。

そんな時は、このようにFX業者があらかじめ準備しているインジケーターやEAを使っても良いでしょう。

名称 概要
FXTF – CCI_signal 標準のCCI(商品チャンネル指数)に視覚的に売買シグナルが分かる機能を追加したインジケーター。
FXTF – OverLay Chart 一つのチャートウィンドウに二つ以上の通貨ペアのチャートを重ねて表示できる。
FXTF – HLactivato 3期間の高値移動平均・安値移動平均で、主に決済ポイントとして使われます。
FXTF – Fibo_Pivot ピボット・ポイントをチャートに表示、フィボナッチ計算または一般的な計算のどちらかを選べます。
FXTF_GMMA 6本ずつの移動平均線(EMA)で長期の投資家を鯨、短期の投機家を鰯にたとえ、6パターンのトレンドフォローの売買シグナルを視覚的に示すことができる定型チャート。
borihei_dragon ボリンジャーバンド、平均足、ドラゴン(一目均衡表の遅行スパン)の3つのテクニカル分析ツールを組み合わせた、トレーダー・ボリ平氏オリジナルの定型チャートです。
FXTF – Symbol Soukan 通貨ペアの値動きの相関関係を視覚的に表示できるEAです。
FXTF – Trade terminal 自動決済ルールの作成や、既存の注文を組み合わせたOCAグループの作成、通貨ペアなどによるポジション・注文のサマリーなどが可能なEAです。

FXTFのオーバーレイチャート

ビットコインチャートの表示方法

FXTFのMT4では、標準でビットコインなどの仮想通貨のチャートが表示できるようになっています。

仮想通貨チャートを表示したい場合、画面左にある気配値表示上で右クリックし、「通貨ペア」を選びます。

通貨ペアが表示されるので、「Forex-cd」からBCCやBTCなど表示したい仮想通貨をダブルクリックすれば、気配値表示に表示されます。

あとは、対象の気配値上で右クリックし「チャート表示」を選ぶだけです。

ビットコインとビットコインキャッシュのほか、リップルとモナコインのチャートも表示できます。

ビットコインチャートの表示方法

ボリンジャーバンドの表示

ビットコインやビットコインキャッシュ、リップル、モナコインのチャート表示方法

ビットコインチャート

ビットコインのチャート

NYダウや日経225、中国株のチャート表示方法

NYダウや日経225、中国株のチャートは、FXProが提供しているMT4で表示できます。

画面左にある気配値表示上で右クリックし、「通貨ペア」を選びます。

通貨ペアが表示されるので、「Indx Major Ftrs」からDJ30とJP225「Spot Indx Minor」からChinaA50をダブルクリックすれば、気配値表示に表示されます。

なお、通貨と異なり株式は限月チャートなので、SQを過ぎると動かなくなります

その時は、新しい期先の限月を選んで再表示してください。

NYダウと日経225のチャート表示方法

NYダウや日経225のチャート表示方法

NYダウチャート

NYダウのチャート

日経225チャート

日経225のチャート

中国株のチャート表示方法

中国株のチャート表示方法

中国株チャート

中国株のチャート

原油と金のチャート表示方法

画面左にある気配値表示上で右クリックし、「通貨ペア」を選びます。

通貨ペアが表示されるので、「Energy Spot」からWTIを選ぶと原油「Gold」からGoldを選ぶと金が、気配値表示に表示されます。

原油のチャート表示方法

原油(WTI)のチャート表示方法

原油チャート

原油(WTI)のチャート

金のチャート表示方法

金(Gold)のチャート表示方法

金チャート

金(Gold)のチャート

他にこんな記事も読まれています


本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想
 

PAGE TOP↑