FXについて知ろう!


身近なFX

通貨みなさんは、テレビやラジオで「現在、為替は1ドル100円10銭から13銭の間で推移しています。」といったようなフレーズを耳にしたことはありませんか?

これは「為替取引」と言って、アメリカで発行されている「ドル($)」と日本の「円(¥)」を買ったり売ったりできる取引のことです。

ドル円をはじめとした為替の動向は、私たちの生活や日本経済にも大きく影響するので、テレビや新聞などで取り上げられることが多いのです。

この為替取引は、外貨預金やMMFに代表されるように、資産運用の1つとしても位置付けられているのですが、その中に「FX」と呼ばれる取引手法があります。

FX=為替取引

通貨FXとは「Foreign eXchange」の略で、日本語では「外国為替証拠金取引」という意味です。

FXをもっと簡単に言ってしまえば、先ほどの為替取引を行うことができる仕組みのことになります。

FXでは、アメリカのドルと日本の円だけでなく、ユーロやイギリスポンド、オーストラリアドルや南アフリカランドなどのさまざまな通貨を取引することができます。

通常、為替取引は数十万円から数百万円の資金が必要なのですが、これを一般の投資家にも参加しやすいように「1万ドル」などへ小口化して、数万円程度の証拠金でも行えるようにした金融商品がFXなのです。

通貨を取引するとは?

チャート通貨を取引する、と言っても最初はピンとこないかもしれません。

例えば、アメリカに旅行に行くとします。アメリカの通貨は「ドル」なので、日本の「円」は使えません。

そこで、空港などの両替窓口で「円」を「ドル」に交換しますが、それはつまり「円を売って、ドルを買う」ことになるのです。

そして、この時の交換比率が「為替レート」と呼ばれていて、もし「1ドル=100円」と単純であれば分かりやすいのですが、ドルと円をはじめ為替レートは変動相場制と言って、外国為替市場における外貨の需要と供給の関係に任せて自由に決められるという制度になっています。

つまり、ドル円は今日1ドル100円だったとしても明日には1ドル101円になっているかもしれないし、あさってには1ドル99円になっているのかもしれないのです。

もっと正確に言うと、為替は秒単位で目まぐるしく動いているため、たった数分程度で1円動くこともあります。

なぜなら、FXの市場規模は株式の市場規模と比べて約70倍以上あり、150兆円市場とも200兆円市場と言われているからです。

しかも、輸出や外債投資のような「実需」の取引は、総取引のわずか2~3割程度にしかすぎず、残りの7~8割は「投機」が主な要因となっています。

円高・円安とは?

ドルと円為替と言えば、「円高」「円安」といった言葉を抜きに語ることはできません。

ドル円が上がると円安、ドル円が下がると円高… なんだか分かりにくいですね。

でも、円高と円安は、為替取引だけでなく私たちの普段の生活や企業決算と切っては切れない関係にあります。

円高・円安を分かりやすく言うと、円高は「ドルに対して円の価値が高くなる」こと、円安は「ドルに対して円の価値が安くなる」ことを言います。

円高とは?

例えば、1本1ドルのボールペンがあって、ドル円レートが1ドル100円だったとします。 この時、100円払えば1本1ドルのボールペンを買うことができます。

もしこれが、1ドル80円の円高になったとすると、さっきは100円出してぴったり買えたものが、今度は80円で買えるので、20円のおつりが返ってくることになります。

つまり、ドルに対して円の価値が上がったと言えます。

円安とは?

逆に、1ドル120円の円安になったとすると、これまで1ドルのボールペンが100円で買えていたのに、今度は+20円した120円用意しないと買えないことになってしまいます。

この場合は、ドルに対して円の価値が下がったことになります。

円高と円安の関係

円高の場合だと、円が強いので輸入品や原材料などを安く買ったり海外旅行に行った時の支払いが安く済みます

逆に円安だと、海外で物を売った輸出企業がドルを円に換える際、売り上げが同じなのに日本円の額が増えるので輸出企業に有利ということになります。

そして、日本の場合、大企業をはじめ輸入よりも輸出に頼っている企業が多いため、円安よりも円高の方が不利に働きます。

1ドル100円の時、2万ドルの車を1台売ったとすると、日本円に換算すると200万円ですが、円高になって1ドル80円になってしまうと、同じ車を同じ金額で売ったのに1台160万円になってしまいます。

例えば、トヨタ自動車は1円円高に動くだけで500億円以上の利益を失うと言われています。

だからと言って、資源や食料品の多くを輸入に頼っている日本の場合、急激に円安が進んでしまうと物価が上昇して家計を圧迫してしまいます。

そのため、円高が良いのか円安が良いのかは、対象が輸出企業か輸入企業なのかによって変わってきますので一概には言えません。

ただ、日経平均株価を構成している企業は輸出中心の企業が多いため、為替が円安に振れると日経平均株価は上昇しやすくなっています

為替の3大市場

通貨為替取引が活発に行なわれている、東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場は合わせて「三大市場」と呼ばれています。

東京市場は午前8時から午後15時、ロンドン市場は16時から25時、ニューヨーク市場は 21時から翌朝5時までとなっています。

為替取引は、東京市場、ロンドン市場と徐々に盛り上がっていき、ロンドン市場が終わるころからニューヨーク市場の前半にかけてが最も為替が動く時間帯となっています。

日本人に有利なFX

このニューヨーク市場が始まる夜の21時以降という時間帯は、日本ではみんなが家に帰ってゆっくりくつろいでいる時間帯でもあります。

1日の中でも、最も落ち着いて何かに集中できる時間帯に活発に動くFX。

FXが、仕事から帰ったサラリーマンや家事がひと段落ついた主婦に人気があるのも頷けますね。

様々なトレードスタイル

FXが、24時間いつでも取引できることを活用し、自分に合ったトレードスタイルを見つけてみましょう。

トレードスタイルは、主に次の4種類に分類されます。

スキャルピング

スキャルピング

数pipsの利益が取れたらすぐに決済する、ということを繰り返して、数重病から数分以内に取引を終了する超短期トレードスタイルです。

スワップポイントの支払いを気にすることなく取引できるので、高金利通貨でもショートポジションを取るのに抵抗感がありません。

デイトレード

デイトレード

1日で取引を終了するスタイルで、日に何回も取引して利益を積み重ねることも可能です。

スキャルピングと同じく、スワップポイントの支払いを気にすることなく取引できます。

経済指標発表や要人発言などイベントのある日や、値動きが活発な時間帯など、ボラティリティの高い時を狙って取引すると効率が良いでしょう。

スイングトレード

スイングトレード

数日から数週間で行うトレードで、ある程度の為替差益とスワップポイントの両方を狙っていきます。

保有期間はそれほど長くないので、ショートポジションも可能です。

サラリーマンやOL、主婦といった人が、夜の自由な時間を利用して投資する場合、スイングトレードになることが多いです。

中・長期トレード

中・長期トレード

ポジションを数ヵ月から数年の間保有するスタイルで、大きな為替差益や大量のスワップポイントを狙うことができます。

中・長期トレードでスワップポイントを狙う場合は、急激な為替変動にも耐えられるよう、レバレッジを抑えて投資するのがコツです。

為替取引を資産運用のポートフォリオの一部としてとらえる場合は、ゆっくりじっくりと長く保有してみてください。

★無料メールマガジン 読者15,000人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想

初心者向けFX無料攻略法


  FX無料攻略法
FXで板情報! お天気シグナル&
FXで板情報!(★無料)
大人気
一致率98%!ぱっと見テクニカル参考法 一致率98%!
ぱっと見テクニカル参考法(★無料)
無料で簡単、選ぶだけ!24時間自動売買! サルでも勝てる!?
システムトレード攻略法
100円からできるFX 100円からできるFX
今なら無料で1,000円!
勝率が高まる!?バイナリ攻略法はこちら!(★無料)

⇒ FX無料攻略法の続きはこちら 




本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想
 

PAGE TOP↑