ポンド(GBP)の値動きと特徴

ポンド(GBP)の値動き

スキャルピング ★★★☆☆ 大 値幅を狙える
デイトレード ★★★☆☆ 大 よく動く
スイングトレード ★★★☆☆ 大 値幅は大きめ
中・長期保有 ★★★★ 大 乱高下する場面も
スワップポイント ☆☆☆☆ 高 値幅を狙いたい

英EU離脱問題が足かせ、事あるごとに再燃

ポンド(GBP)の特徴

ポンドは、第2次世界大戦前までは世界の基軸通貨として使われていた「元基軸通貨」です。

大航海時代を経て7つの海を支配するなど権勢を誇っていたのですが、1910年から1940年くらいを境目として、徐々に基軸通貨としての地位が英ポンドから米ドルへと移っていきました。

19世紀半ば以降のポンドは、国際金融の中心地として基軸通貨としての役割を担っていたのですが、1914年の第1次世界大戦で欧州各国が疲弊すると、逆にアメリカは戦争特需で経済が急成長したため、1920年代には世界貿易における輸出シェアでアメリカに追い越されています。

アメリカは、輸出によって蓄積された資本をもとに、戦争で疲弊したヨーロッパ諸国に資金を貸し出し、債務がポンドからドルへシフトしたため、ポンド離れに拍車がかかりました。

1945年第二次世界大戦後は、アメリカがIMF体制の下で各国中央銀行に対して米ドルの金兌換を約束したことと強い経済力を背景に、基軸通貨の地位が米ドルに取って代わられました

現在の英政府の財政赤字残高は4,000億ポンドを超え、かつてイギリスが財政破綻してIMFに救済を求めた1976年当時よりも悪化しています。

さらに、欧州連合のユーロ導入以後、ポンドの影響力がますます弱まってきているのが現状です。

FXにおいては、ポンド円のスプレッドを縮小してきたFX会社が増えたので、昔に比べ取引しやすくなりました

ただし、英ポンドは主要通貨の中では流動性が比較的低く、投機的な大口取引が多いため、値動きの激しいことでも有名です。

ポンド円のほか、ポンドドルも人気がありますが、急落や急騰を加速させる「投機マネー」の動向には十分注意しておきましょう。 

ポンド円は「ドル円×ポンドドル」で求められるので、ポンドドルのサポートやレジスタンスラインもしっかり確認しておきましょう。

かつての基軸通貨、値動きは大きい

英政策金利推移

米政策金利推移

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 0.75% 0.75% 0.75% 0.75% 0.75% 0.75% 0.75% 0.75% 0.75% 0.75% 0.75%  
2018年 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.75% 0.75% 0.75% 0.75% 0.75%
2017年 0.25% 0.25% 0.25% 0.25% 0.25% 0.25% 0.25% 0.25% 0.25% 0.25% 0.50% 0.50%
2016年 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.25% 0.25% 0.25% 0.25% 0.25%
2015年 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50%
2014年 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50%
2013年 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50%
2012年 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50%
2011年 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50%
2010年 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50%
2009年 1.50% 1.00% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50% 0.50%
2008年 5.50% 5.25% 5.25% 5.00% 5.00% 5.00% 5.00% 5.00% 5.00% 4.50% 3.00% 2.00%

ポンドに関する主な経済指標

経済指標 説明
失業率 英国の失業率。失業保険申請件数とともに発表される。

プラス⇒雇用が良好、株高、金利上昇
マイナス⇒雇用が悪化、株安、金利低下
住宅価格(三大住宅価格) 毎月、前月分をネーションワイド・ビルディング・ソサイエティ、HBOS/ハリファックス、英政府統計局が発表。

プラス⇒インフレ予想、株高、金利上昇
マイナス⇒デフレ予想、株安、金利低下
英製造業景気指数 毎月第一営業日に前月分を英国購買部協会/ロイターが発表。

プラス⇒景気良好、株高、金利上昇
マイナス⇒景気悪化、株安、金利低下
消費者物価指数 毎月中旬に前月分を英政府統計局が発表。

プラス⇒インフレ予想、株高、金利上昇
マイナス⇒デフレ予想、株安、金利低下
流通業調査小売売上高 毎月第一営業日に前月分を英産業連盟が発表。

プラス⇒消費が良好、株高、金利上昇
マイナス⇒消費が悪化、株安、金利低下

イギリスの概要

政策金利 0.75%
首都 ロンドン
人口 6,604万人(2017年推計、英国国民統計局)
面積 24万8,532km2
1人当たりGDP 42514.49ドル(名目,2018年)
主要産業 金融、観光、石油、自動車、航空機、電気機器
主要企業 ダイソン、バーバリー、ボーダフォン
おもな経済指標 GDP、小売売上高、三大住宅価格

ポンド

他にこんな記事も読まれています


本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想
 

PAGE TOP↑