外為オプションを利用したバイナリ攻略法!

東京時間のユーロドルに限定して勝率を高める!

GMOクリック証券の外為オプションによるバイナリ攻略法

バイナリオプションは、大きく円高(円安)方向に進むかを予測する取引です。

売買時間や損失が限られているため、あまりトレードをする時間がない時やリスクを限定的にしたい時などに有効です。

GMOクリック証券が提供している外為オプションの場合、2~180分後の為替レート複数の目標レートからの中から選択してチケットを購入(数十円程度~1,000円未満)し、判定時間に選んだ目標レートを超えていればペイアウト(1枚につき1,000円(固定))を受け取ることができます。

この「目標レートを超える」というのは、たった0.1pipsでも超えていればペイアウトを受け取ることができるので、通常の裁量トレードのようにリミットやストップに悩む必要はありません

チケットには目標レートに応じて倍率が設定されており、うまくいけば1回の取引で数倍に増やすことができますが、外れれば投資資金はゼロ(投資資金以上の損失はない)になります。

ただ、GMOクリック証券外為オプションは、判定時間を待たずに途中で決済することができるため、外れた場合でも投資資金はその状況に応じて戻ってきますし、逆に判定時間前に利食うことも可能です。

バイナリ―オプションとは


<取引画面>

①通貨ペアと判定時間:オプション取引の時間は限られており、この時間内で1回の取引が終了します。
②権利行使価格:現在の価格から離れているほどリターンは大きいのですが、リスクも高まります
③取引画面:オプション価格は、残り時間が少なくなるほど変動も大きくなります
④購入ボタン:購入後、終了時間を待たずに途中で決済することも可能です。


バイナリ攻略法 ~ 東京時間のユーロドル(ドル高方向)を狙う!~

結論から言うと、東京時間のユーロドル(ドル高方向)を狙っていくバイナリ攻略法になります。

為替相場というものは、上昇トレンドであれ下降トレンドであれ、一直線に進むのではなく上下動を繰り返し波打ちながら進んでいきます。バイナリは判定時間が決まっているため、仮に1日を通して上昇が続くと予想しそれが当たっていても、判定時間の時間帯がたまたま戻り売りに押されており予想を外してしまう、といったことが多々あり、これがバイナリ取引を難しいものにしています


ところで、ユーロドルのようなドルストレートは主に欧米勢がトレードしているのですが、時差の関係で東京時間は彼らにとって真夜中になるため、朝から昼にかけては値動きが乏しい状態が続きます。さらに、東京時間は東京仲値や実需などの関係でドル買いが入りやすくユーロドルは下落しやすく下落しなくても上値の重い状態や横ばいが続く傾向があります。

それゆえ、仮に予想が外れた場合でも損切りすればダメージが少ないため、ユーロドルのドル高方向東京時間の間のみ狙っていきます。


とはいえ、ユーロドルのドル高方向のチケットをやみくもに買えばよい、というわけではありません

午前中のユーロドルは1つの波が1~2時間で終わることが多いのですが、バイナリ開始直後は判定時間まで3時間あるため、その間に波が1~3個程度できます。つまり、判定3時間前に下がると思ってエントリーし、そのあと仮に下がったとしてもその1時間後に次の波が来て上昇へ転じそれが判定時間まで続いて最初の予想が外れてしまうといったことが起こります。そして、判定時間を過ぎてしばらくすると再び下落するような事態に遭遇し、「やっぱり、バイナリは難しい」となってしまうのです。

1つ分の波で判定時間を迎える方が効率が良く精神的にも楽なため、これを防ぐため判定終了の1~2時間前にエントリーするようにします。この時、タイミングが合わなかったら1回分飛ばして次の回で見極めてください。

もちろん、開始から1~2時間経ってしまうと権利行使価格内のオプションの値段は高くなってしまうのですが、オプションは終了時間が近づくと急速に値段が高くなる仕組みになっているため、開始直後と1~2時間後の値段はそれほど変わりません50分を切ったあたりからエントリーしづらい値段になってしまうのですが、それまでは様子見でも大丈夫です。むしろ、早くエントリーしすぎて余計な波が来てしまう方が危険です。

この時、波の読みを外してしまうと次の波が来る前に判定時間が来てしまうことになりますが、GMOクリック証券のバイナリは途中で保有ポジションを売却できるため損失が限定できます。バイナリというと、どうしても「勝率50%以上」という数値にこだわってしまいがちですが、損切りを混ぜれば勝率50%以上という数値にこだわる必要は無いと思います。


<バイナリ攻略法のまとめ>

東京時間のユーロドル(ドル高方向)を狙っていく
ユーロドルのトレード主体は欧米勢のため、値動きが乏しい
東京仲値や実需買いでドル高になりやすいため、ユーロドルは上がりにくく下がりやすい
GMOクリック証券のバイナリオプションなら、外れた時でも途中で損切り決済できる


バイナリ攻略法 ~ 実践編 ~

それでは実際に、上記バイナリ攻略法を実践してみたいと思います。

①まず、ドル高になりやすい地合いですが、株高によるドル円の上昇が挙げられます。そのため、前日の米国株や米利回りが上昇していたり、リスクオンムードとなりやすい地合いであれば最適です。

今回は米国株の上昇が小幅なのですが、この時史上最高値を更新しており、地合いはとてもドル高に傾きやすくなっていましたこれで日経平均株価が続伸すれば、さらにドル高が強くなります。(実際には、20,000円の節目を超えて株高となりました)


ユーロドル始値の1.1320が最初の狙い目になりますが、スタート直後は残り時間が3時間あるため残り1~2時間になるまで様子を見ます

すると、ユーロドルは一時的に上昇して1.1325付近まで上昇後、下落して直近安値を下回ったことで1つの波が終了しました。この波が終了したかどうかの判断は、RSIやMACDなどのテクニカル分析を利用するとより効果的です。

残り時間が1時間程度となったため、下記写真ではそのタイミングで1.1320のドル高チケットを購入しています。(FXで言うところのユーロドルショート)



③その後、東京仲値付近でドル高となり、保有ポジションがプラスに転じました。こうなればもう安心で、仮に反発しそうになっても途中で売却して多少の利益は確保できる状態になっています。


⑤その後も下落が継続し、無事に1.320を下回った状態で判定時間が来ました。

利益は、1時間程度の保有で+198,800円となっていますが、実践してみて判定時間に目標を達成しないようであれば、必ず損切りしてください。チケット購入後はほったらかしにせず、判定時間数十分前にはそのまま判定時間を待つのか損切りするのかを決定するようにします。出先でも、アプリで確認が可能です。


<バイナリ攻略法の注意点>

東京時間のユーロドルのみに限定
波のタイミングを見極める
達成しない確率が高ければ、必ず損切りする


バイナリだけでなく、FXや株など全て取引可能!

GMOクリック証券のFX(FXneo)は、ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭、豪ドル円0.7銭、ユーロドル0.5pipsと、極狭スプレッド(原則固定)となっています。

10,000通貨から取引できるうえ取引手数料は無料なので、40,000円程度の資金からFXが始められます。業界最高水準のスワップポイントに加え、モバイルやスマートフォンアプリでの取引も可能です。


さらにGMOクリック証券では、FX以外でも株取引や先物、金や原油などのCFDもトレードすることができる総合口座となっています。

資金の移動も、同じ口座内であれば自由に移動できるため、FXで儲かった分を一時的に株取引へ回して株主優待や配当金を狙う、といったことも可能です。

GMOクリック証券にログインすると、マイページの上部が下記のようになっており、FX以外にも様々な取引を行えることが分かります。


資金の移動は、マイページ上部左の「入出金・振替」で簡単に行うことが可能です。例えば、証券口座からFX口座へ振替する場合、下記のようになります。


なお、今なら期間限定で現金最大25,000円キャッシュバックキャンペーンも行っています。

会社名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ランド円 ユーロドル スワップ
GMOクリック証券
(原則固定&取引高世界NO.1)
0.3銭
原則固定
0.6銭
原則固定
1.1銭
原則固定
0.7銭
原則固定
1.4銭
原則固定
0.5pips
原則固定
高い

※ForexMagnates社調べ(2016年2月現在)


バイナリのトレード方法 ~ 基礎編 ~

バイナリは、大きく円高(円安)方向に進むかを予測する取引です。

例えば下記の場合、円高予測(120.10未満)の場合は1枚597円で、円安予測(120.10以上)の場合は472円で購入することができます。そして、満期の11時に予測が的中していれば、一律1,000円を受けることができます

ちょうど日経平均株価が下落し始めたため、120.10円での円高予測を行い、1枚購入してみました。

ここで特徴的なのが、購入後満期時間を待たなくても途中決済できることです。

今回は、予測通り120.10円から119.80円台へすぐに下落してくれたのですが、満期時間の11時までまだ1時間30分もありますせっかく下落したのに反発してしまい予測が外れる危険性も十分ありますが、途中決済できるので現在生じている+193円の利益を満期時間を待たずして得ることが可能なのです。

つまり、一度購入したあとは、満期時間まで待って1000円を受け取るか、途中で利食いあるいは損切りをして満期時間まで待たないという戦略を取ることもできるのです。


③今回は、120.10円まで十分余裕がありこのまま円高が続くことが予測されたため、満期時間まで持ち越しました。591円での購入に対し1000円の受け取りとなるため、1,000円-591円=409円の利益を得ることができました。

今回は1枚の購入でしたが最大1500枚まで購入できるので、同じトレードであれば409円×1500枚=613,500円の利益を得ることも可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
★無料メールマガジン 読者1万人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想


【オールインワン&スプレッド極狭!】
FXやバイナリ、株など全て取引可能!


【売買シグナル&人民元取引】
【期間限定】これでダメならFXやめろ


【一致率98%!?】★ぱっと見テクニカル
ぱっと見テクニカル参考法はこちら
口座開設後、翌月末までの取引で3,000円キャッシュバック!

みんなのFX
【注目!】みんなのバイナリ―
バイナリ―オプション取引について


【大人気!】100円からできるFX
BuySellポイント活用法はこちら

管理人ブログ 新着記事




本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

PAGE TOP↑