書籍「マナブ式FX」の紹介と解説


書籍名
『マナブ式FX -福耳だけが取り柄の凡人サラリーマンがたった1年で6000万!』(扶桑社)

【目次】

はじめに

FXの"常識"を守るだけでは勝てません!/時代と状況に合ったFX必勝法を考える/そもそも チャートで未来予測はできるのか?/短期トレードか、中長期トレードか?/自分なりのFX必勝 法を研究する!


第1章 たった1年間でサラリーマンのボクでも6900万円稼げた!

福耳ぐらいしか自慢できないボクのFXハイライト/初めて買った南アフリカランドで2回目の退 場/3回目の退場は豪ドル・取引期間はたった15日/FXから株に乗り換えて2ヵ月で500万円 の利益/第1弾・ドル/円のショートで300万円の儲け!/第2弾・ユーロ/ドルで700万円 の儲け!/2010年9月現在の資産は6000万円!/1年で6000万円儲けたマナブ式トレ ードの基本/儲けが増やすためのトレイリング・ストップ/相場の天井と大底の判断は"なんとなく分かる


第2章 マナブ式FXの5大裏ワザ初公開!

マナブ式テクニカルはボリンジャーバンドで始まる!/ボクはオシレーター専科のトレーダー/オシレーター系が示す異常値はトレンド転換の前兆

裏ワザ① 「ウィリアムズ・パーセント・アール」
W%Rがあったから6000万円儲かった!/W%Rは感度抜群、最速指標!/マナブ式・荒馬W%Rの使いこなし術/短期トレードでは4時間足から/W%R攻略のキモは最速ゆえのダマシの減らし方/「ガーベージ・トップ&ボトム」の対処法

裏ワザ② 高確率で相場反転! 「ダイバージェンス」
儲かるエラー探しは逆張り系テクニカルが◎/相場とテクニカルの逆行=「ダイバージェンス」は宝の山/ダイバージェンス発生時のエントリーポイント/「ダブル・ダイバージェンス」で相場反転の信頼度UP/順張り派はWダイバージェンスでトレード中止/「ヒドゥン・ダイバージェンス」を見逃すな!

裏ワザ③ 売買判断が2倍正確になる「DRV分析」
RSIとモメンタムを組み合わせて的中率UP!/「P調整」を使えば今の相場に合った水準が見つかる!/2つのチャートを合体!最適通貨はドルとポンド/ユーロ/ドルと原油の組み合わせもナイス!

裏ワザ④ 「平均足」でトレンドをガッチリつかむ!

裏ワザ⑤ 週明けの「窓」は午前8時までに埋まる!


第3章 セミプロの常識・これが「МT4」の的中率抜群ソフトだ!

セミプロ・トレーダーの間で大ブーム。「MT4」とは?/MT4のダウンロード方法/MT4のカスタマイズ方法/テクニカル分析を表示する/インディケーターをダウンロードする 驚異の的中率・THVシステムが超おすすめ!
超使えるインディケーター①~⑨


第4章 日・曜日・月別為替の値動きグセ&マナブ的重要指標  

常識7割、実感3割。ボクが見つけた「値動きグセ」/時間帯別裏情報・日経平均暴落後は急速な円高に期待!/曜日別裏情報・月金の5・10・15日は高確率で円安に/月別裏情報・1/3/9月は円高、4/7/12月は円安/月初の米国雇用統計がその月のトレンドを決める!/ボクが注目する重要経済指標とは?


第5章 FX取引会社の「いいとこどり」8つのスゴワザ!
 

FX取引会社が提供する8つのスゴワザを徹底検証!  

スゴワザ① 業者間スワップポイント差で毎日チャリン♪ 
「買い」と「売り」、両建てを別々の会社でする!/南アランド・レバ50倍なら年利45%超!

スゴワザ② 「トラリピ」放置プレーでザクザク儲ける!  
複数の罠を仕掛け、獲物がかかるのを待つだけ!

スゴワザ③ 「エコトレ」なら寝てる間に利益率125%
儲かるシステムをランキングで探せる!/システムの組み合わせで相場の変化に対応できる!

スゴワザ④ 「ディールスコープ」で285万円ゲット! 
外資は個人投資家の逆を張って稼ぐ

スゴワザ⑤ 「ぱっと見テクニカル」なら30分で7万円!
中長期トレードの実績・2週間で17万円、1カ月で45万円!

スゴワザ⑥ スワップP発生の毎朝7時がチャンス! 
30分で利益確定、ロングポジションによる必勝法/5分前にエントリー、ショートポジションに
よる必勝法/他業者と時間が異なるGFT系FX業者を利用する/成功率を高める6つのコツ

スゴワザ⑦ 「Trading Station」で超高速スキャル!「Trading Station」で注文→決済をボタン1つに設定!

スゴワザ⑧ まだまだある、FX儲け機能をあと3つ
ひまわり証券の「シグナルマップ」で121万5000円!/「FXの板」が見られる外為どっと
コム!/各FX会社専属のプロの意見を聞いてみる/口座開設で現金総額10万5750円以上!


第6章 レバ50倍でも勝ち続けるための心得

レバレッジは最終的に25倍までに規制される/規制後もハイレバレッジを享受する裏ワザを発見!
/取引所取引の「くりっく365」の税金は安い!


おわりに

為替相場の不確実性に対応する/では、どうすればよいのか?


巻末付録
発表時は大儲けのチャンス!
マナブ式各国FX重要指標一覧




Q.写真と表紙のイラストが違う気がするのですが、本当に著者の方ですか?

A.はい、そうです。
イラストの方が老けて見えますが、一般的には、表紙・タイトル・値段は著者が決めることはできないんです。(あるいは、いくつかの候補の中から選ぶ形になります)
補足:「目立った表紙に引かれた!」というお声が多くなってきました。増刷もされました!


Q. 勝ち続ける為には、特別な手法が必要だと思いますか?普通のやり方では勝てないのですか? 
スキャルは、シグナルでるころには遅いように思いますが、どのように見るといいのですか? 
教えてください!!


A.『マナブ式FX』 にも掲載していますが、 MT4のTHVシステムというインジケーターを使うと、色のついたバーやラインで表してくれるので、事前予想がある程度できます。
また、インジケーターも1つではなくて、複数組み合わせるのが良いですね。 

ただ、難しければ、外為どっとこむの「外為天気予報」を見るのが手っ取り早いです。 
参考にしてください。 


Q.『マナブ式FX』で紹介されているMT4インジケーター「THVシステム」へのリンク先が分かりません。

A.こちらになります。
http://www.forexfactory.com/showthread.php?t=127271

少し下にスクロールしたのち、「Attached Files」の「V3.zip」をダウンロードしてください。
うまくダウンロードできない場合は、Firefoxで試すかダウンロード時の拡張子を手動でzipに変更してください。

参考に、初校段階でのPDFファイルを公開します。校了段階では、中級者向けの書籍に仕上げるということでダウンロード&インストール方法など基本的な記述は大幅カットされましたが、MT4初心者の方は見ていただくと分かりやすいと思います。





Q.W%Rが使えるFX業者はどこですか?

A.みんなのFXDMM FXマネーパートナーズのチャートで表示できます。
また、「MT4」では標準でW%Rが表示できます。




【アマゾンドットコムレビュー】
★★★★★ 表紙が不快。, 2010/10/12
THVシステムの使い方が日本語で解説されててわかりやすいです。 
ただ表紙のイラストがどうにも気に入らなくて読む気がうせるので裏返しにしています。

【コメント】
おっしゃる通りです。著者も表紙を見ると恥ずかしいので、外しています(笑)
むしろ、表紙を外した装丁の方が良いデザインだと思います。
星5つで内容の方を評価していただき、感謝しております!

また、THVシステムについてですが、これは最初の台割にはなかったもので、あとから無理を言って追加してもらったものです。書き足りなかった部分もあるので、どこかで補足する機会が取れればな、と思っています。反響があってよかったです!


★      自作自演, 2010/11/13
同じ者(出版社の者)が何回もレビューするな 
そんなに、だましてまで本売りたいのか? 
自作自演はやめろ

【コメント】
書籍の内容の方はどうだったのでしょうか?…
アマゾンドットコムが日本に来たばかりのころは、知名度が低くレビューがまったく増えなかったので、有能なライターに自作自演でレビューを書いてもらえないか、出版社を数百社回ったそうです。
最近では、アマゾンのランキングを上げるために、わざわざ著者が大量に買いとったりすることもあるそうです。


【売上ランキング情報】
2010年10月11日(月)
アマゾン売上ランキングで、発売日は25,000位だったものが、552位まで上がってきました!( ちなみにアマゾンは8,000,000位まであります)


★無料メールマガジン 読者1万人以上!
【勝率8割以上!?】
毎日配信、よく当たるFX為替レート予想


【オールインワン&スプレッド極狭!】
FXやバイナリ、株など全て取引可能!


【売買シグナル&人民元取引】
【期間限定】これでダメならFXやめろ


【一致率98%!?】★ぱっと見テクニカル
ぱっと見テクニカル参考法はこちら
口座開設後、翌月末までの取引で3,000円キャッシュバック!

みんなのFX
【注目!】みんなのバイナリ―
バイナリ―オプション取引について


【大人気!】100円からできるFX
BuySellポイント活用法はこちら


【最大100万円分!】
ドル円スプ実質0円キャンペーン実施中



本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在
他にこんな記事も読まれています

PAGE TOP↑